スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『手作りが美味しい わらび餅』 

今日は
『手作りが美味しい わらび餅』をお届けしたいと思います^^

【1】 鎌倉の街を歩いて…

【2】 わらび餅は、日本の味わい

【3】 メルマガ読者サービス 始めます!

【4】 ネガティブは イケナイ思想ではないと思う

【編集後記】 夏の宿題に欠かせない、児童書

以上、お送りいたします。


製作日記として作っていたブログですが、プリーツ日記と改めまして
日々のことや、宮城の田舎風景の画像、また製作する作業風景など
書いてみることにしました(笑) 

どういうスタイルで進めるか、考えながら始動していたので
メルマガが書けなくて、しばらくぶりになってしまいました。

ごめんなさい。

今日は、Aラインワンピースの生地の地の目の正し方を紹介しています。

お時間がお有りでしたら、お運びくださいませm(_ _)m


==============================
週に二回、我が家のマイブーム 美味しいネタ情報です


応援クリックしていただけたら、飛び上がって歓びます
よろしくお願いしますm( _ _ )m
==============================

☆★【1】 鎌倉の街を歩いて…☆★☆★☆★

宮城県に住まいを移して、もう9回目の秋が近付いています。

田舎の無い親の子である夫婦なので、田舎の暮らしは全く知らず、
☆美味しいものが食べれる!
☆広い仕事場が確保が出来る!
☆朝まで徹夜して、仕事が終わったら 寝室があれば寝れるじゃないか!

とまぁ、実にいい加減を絵に描いたような勢いで、
宮城県に越してきてしまったのですが、

結婚して10年ほど鎌倉の山の反対側に住んでいました。

大平山という山があって、天園と呼ばれる 景勝地があります
金沢八景の海が遠くかすんで、岩場があって、お弁当を食べたり
軽いハイキングで自宅から歩いて40分ほどでしたので、
よく出かけました。



夫婦喧嘩をして 財布も持たず ハイキングコースを泣きながら走って
機嫌を直して帰ってくるまで、人目に触れないほど
静かな横浜の外れでした(笑)
もちろん、日曜祭日は かなり混みましたけどね^^;; 

その天園を越えると北鎌倉に出るので
お気に入りのコースを選んでは、あちらこちらに出没していました。


鎌倉で一番良いのは、ご自宅を喫茶にされていらっしゃる奥様が多くて
畳のお座席に座って、お茶とお菓子を注文して
じっくり時間が過ぎて、お品物が運ばれて、また ひっそりとする空間を
遠慮なく楽しめるところでしょうか^^

歩きつかれた足を投げ出し、お茶とお菓子に舌鼓を打ち
お客様の書き込みのいっぱい入ったノートを読んだり、書き込みしたり…。

疲れが取れるまで、のんびりしていても睨まれない、
ゆったり時間が大好きでした。



応援クリックしていただけたら、飛び上がって歓びます。
どうぞ宜しくお願いしますm( _ _ )m


☆★【2】 わらび餅は、日本の味わい☆★☆★☆★☆★

そんな鎌倉の探索で、わらび餅に最初に出会ったときは
あまりにも美味しくて 柔らかく、滑らかな口当たりに感動したものでした。
作り方はいたって簡単。
ママプリン(古いな~~^^;;)より簡単かも(笑) 

ママプリンって、型に入れる前に、
味見と称して必ず数回は飲んじゃう、悪い子だった私です(笑) 

お友達のうちで、たまたま一緒にママプリンを作ったときに
お友達のお母様が面倒を見てくれて、当然 味見は出来ない(笑) 

喉から手が出たら、全部奪って飲んじゃうそうな気持ちで見つめていましたが
きっと、大バレだったでしょうね~~~^^;;

材料:
わらび餅の粉 100グラム
水 500cc
砂糖 大さじ 2杯

きな粉 大さじ6
砂糖  大さじ2
塩 一つまみ


(1)鍋にわらび餅の粉を入れ、水でよく溶いて、滑らかになるまで混ぜ合わせる。

(2)砂糖も加えて、混ぜ合わせる。

(3)強火にかけて、木べらで常に混ぜながら 火を通す。

(4)ところどころ固まりはじめて、全体がノリ状になる。

(5)弱火にして、透き通るまで混ぜ合わせる。

(6)バットかお皿に、きな粉、砂糖、塩少々を混ぜ合わせたものを
半分敷いておき、其処に鍋のわらび餅を入れて、平らに伸ばす。

(7)上にきな粉の残りをかけて、そのまま冷ます。

(8)スプーンなどで 食べやすい大きさにすくう。
その時、スプーンにもきな粉をつけながらすくうとやりやすい。


ぷるんとした口当たりは、手作りならではの味わいです。
スーパーで売ってるわらび餅では絶対ありえない、別物の味わい。
是非是非、お試しあれ!

最初はきな粉で召し上がって、飽きたら黒蜜で食するっていうのも
おつなものでございます^^

お友達が尋ねてくるときなど、用意しておくのも珍しくて美味な時間であります。

わらび餅と言っても、ピンからきりまでございます。
お高いものは、やはり うなるほど美味しい!

手間をかけるだけに、原材料には惜しみたくないものです(笑) 


☆★【3】 メルマガ読者サービス 始めます!☆★☆★☆

メルマガの読者様限定サービス始めます!今までもセールの告知や、セール品情報など書いてきましたが
実質3%のサービスをいたします。


また、私の商品をお買い上げいただいたお客様に、お願いがございます。

私の商品をご使用されていらっしゃるときのスナップ写真を、ホームページで
掲載のご許可をつけて ご感想をいただけないでしょうか。

ご無理の無い範囲で ご検討いただけましたら幸いです。

ポイント制を導入しておりまして、
ホームページやお客様の声に掲載させていただけるメッセージを下さったら
粗品を進呈しています。


アンケートにお答えいただけたら、100ポイントの次回購入券プレゼントもご好評の中、実施中です。

もし、スナップ写真とご感想、アンケートの三つをお答えいただけたら
2,000円分の次回購入券のプレゼントと、粗品の進呈です!

どうか、お力添えいただけますよう、重ねてお願い申し上げます。


★☆【4】 ネガティブは イケナイ思想ではないと思う★☆★☆★

前回のメルマガで、私が母と会話のない関係だと書きました。

色々な事情の中で
そういう関係に、静かに落ち着いた経緯があるのですが、
たまたま、あずまさんのココヘルでもネガティブの感情について
また、親子関係についても書かれていたので、
つい考えるままに書いてしまったわけです^^;;


いつも感じるのですが、ポジティブは正しく、
ネガティブは「いけない感情」で、破棄するべきだと
なりすぎてると思うんですね。

ネガティブは、決して悪い感情ではないと思うんです。

人は悪魔のささやきと、天使の歌声の両方を聞く耳を持ち、
常に判断して結果を受け入れて生活をしていくわけですね。

ポジティブに前向きな感情だけを「善きもの」として、
ネガティブを「悪」とするのって、極端すぎると思うんです。

私は、自分の中から商材を生み出し、毎回苦しい思いをして
新しい形にチャレンジして、また次の戦いに挑んでいくのですが、
ネガティブになるときには、逆にヒントがいっぱい隠れているんです。

ネガティブの感情に背を向けて、
「下手な考え休むにいたり」

これも一つの手では有りますが、
じっくり ネガティブの感情と向き合ってみることのほうが、
ずっと実りが手に入るように感じています。


ネガティブになるときは、
案外 危険を察知してストップを指令しているときもあるし、
もう少し深く考えを掘り下げて、納得してから始めなさいよって
信号だったのかなぁと後になって感じる時が多いです。

もしも ポジティブな感情だけが一人歩きしたら、ブレーキもかからず
自分の自信だけで生きたら、傲慢になってしまうような気がします。

自分を真正面から向き合い、受け入れ、本当の自分と語り合う。

その絶好の機会が、ネガティブになったときと、私は考えています。

弱さを、そのまま受け入れられるほうが、
隠してしまいこむより、ずっとずっと自然体になれると思います…。

___________________________
 ☆編集後記☆
___________________________

 夏の宿題に欠かせない、児童書

夏の宿題で欠かせないが読書感想文でございますね。
今も昔も、頭を悩ませ、苦労して原稿を埋める作業をするんですよね^^;

でも、親の立場の皆様は 児童書って、読んでいますか?

児童書の悪い点は、どうもストーリーの奥行きが浅く、
「説教臭い」のが、読む側にとって押し付けがましく感じて
切ないところでしょうか(笑) 

でもでも、中にはとってもお勧めの、考えさせられる本も有るんですね。

子供と同じ本を読んで、内容を語り合うのは楽しいものです。

是非、子供が学校から借りてくる本に目を通して
同じ目線で話し合う機会を多く作ってあげてください。

『裏庭』 梨木 香歩著長女が 梨木さんのファンで、何冊も借りてくるので
一緒に読んでいましたが、
この『裏庭』には、本当に生きる意味を
こんなに解りやすく書くことができるのかと、びっくりしました。

時々読み返す、私の大好きな愛読書です。
女流作家なので、男の子さんには不向きかもしれませんが
女の子にはお勧めです。

また、如何して辛い気持ちでも、前向きに生きる意味があるのか等に
これぞという 答えを感じさせてくれるので、
お母様には是非、一読の価値あります!

子供が切ない想いをして辛さに耐えているときに、
相談する相手が友達だけでは、
やはり厳しいときがあると思うんですね。

親としてではなく、少し先に生きている先輩として、
労わってあげたいものです。
そんなときの指南書になるべき、素敵な本です。

不思議ストーリーがお好きな方にも、すごく面白いですよぉ♪
 何度も書いちゃいますが、お勧めで~~す^^



最後まで読んでいただきまして、本当に有難うございました!
また、次回もお目にかかれますよう、心から祈っております…。



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
         編集責任 小川孝子 

  *ご意見、ご感想は、 まで

プリーツ工房 小川 小川孝子

宮城県岩沼市押分水先73-1
  TEL&FAX   0223-23-5132
  IP Phone   050-3047-1270 

mail: pleats@oh-p.or.tv
↑↑↑↑このメルマガのご感想など、どしどしお寄せください!

励みになります!ご感想から、さらに勉強させていただきたいです!

大きなサイズもお洒落なオーダーメイドのプリーツ服: http://oh-p.or.tv/
メルマガブログ http://pleats.blog49.fc2.com/
お客様の声、お問い合わせ http://sutairu.blog50.fc2.com/プリーツ日記

メルマガの解除は
http://oh-p.or.tv/WEAVE3/merumaga.htm
こちらからお願いいたしますm( _ _ )m

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pleats.blog49.fc2.com/tb.php/58-f8ef8884

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業