スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・メッセージ 

アイ・メッセージって 知っていますか?

アイ・メッセージって、ご存知でしょうか。
私も、最近メルマガで、勉強したばかりの情報です。

あづまさんの書いていらっしゃる、
女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学


こちら、最近の読み始めたメルマガですが、ためになりますよ~。

抜粋させていただくと

===ここから========================

アドラー心理学に、「アイ・メッセージ」という考え方がありま
 す。これは英語のI(私)から来ています。

 私は、こう感じた。
 私は、こういう気持になっている。

 自分の感情を、冷静に説明し、相手にしてほしいことがあれば自
 分の責任で『お願い』します。

 例を挙げます。

 あなたが、話を上の空で聞くので、
 私は、とても淋しい気持ちになる。
 だから、せめて目を見て聞いてほしい。

 そんな感じでお願いするのです。角が立ちにくい方法です。
 しかも自分の気持ちですから、相手は否定のしようがありません。


◆ユー・メッセージ

 その対照が、ユー・メッセージです。

 私は淋しい気持ちになった、と言うかわりに、
 あなたは思いやりがない、みたいに、

 相手を批評するような言い方をすることです。
 これは角が立ちます。カップルが険悪になる道です。

 しかも、思いやりがないかどうかは主観的なものですから、相手
 にとっては反論の余地があり、喧嘩の種をまいたようなものです。

◆感情的に自立できていないアイ・メッセージ

 同じアイ・メッセージをしていても、険悪になってしまう人がい
 ます。それは、感情的に自立できていないのです。


===ここまで========================

読みやすく、解りやすい例題が取り上げられていて、
いつも姿勢を正す気持ちになります。

愛されたい、愛してほしいというのは、簡単ですが
上手く伝えることの難しさは、きめの細かい対応でしかないのですが

感情論に陥りやすく、また自分がかわいそうに思うと、
堂々巡りにハマってしまいますよね。


私は、夫が別の畑から、
婦人服の製造業に転身(天下り?強引な居座り??(笑))
したので、結構 意思の疎通で、悩んでいた時期が長くあって

家庭の中での営業なので、子供の泣き声、生活の色々な雑多な仕事、
学校やその他諸々の、生活空間のお仕事など

仕事といっても、家に居るから出来るでしょう?というのもあったりして
生活と仕事の線引きが、かなり悩みになります。

そんな中で、夫に言わなければならないことも多いし
私自身がリーダーとして、如何に確立するかで、悩みつつやってきました。

アイ・メッセージ、ものすごく有効です。

感情は、取りあえず脇において、
「私」は なにを如何感じるのかを、「情報公開」します。

そして、何がどうなったら「嬉しい」 
または 何がどうなる「必要がある」かを
方向を変えて、言葉を変えて、何度も何度もアタックします。

哀しくて泣いてしまうときは、涙も出てしまいますが
泣く事には触れないのがミソでしょうか^^

犯人追究や原因追求では、不快感と警戒感しか生まれません。

過去の問題を持ち出すものも、さらに警戒されるだけなので禁物です。

防御の高くなった相手を説得するのは、どう考えても困難ですよね。

そういう意味でも、あづまさんのメルマガは、
忘れがちなことを思い出させてくれて、
赤面しながら読んでいます...... ( 〃..)ノ ハンセイ

でも、すごく素直に反省できるトロコが、
あづまさんの語り口の魅力でしょうか^^

アイ・メッセージ。 実は子供に対しても、大変有効です。

親としての教育的見地も大事ですし、
親としての責任も大変重要ですが、上手く伝わりにくいですよね。

『親』でもなく、『世間体』でもない

「私」がどう思い、なにを感じてるから、どうしてほしい。

シンプルに伝えたいですね^^



また、あづまさんの無料レポート
【男心理解】30分でわかる男心のつかみ方

こちらもお勧めです!


もし 気に入ってくださったらぽちっと 応援クリックお願いします^^

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pleats.blog49.fc2.com/tb.php/52-b0ae8144

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業