スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大根と昆布 酢醤油漬け』 

GWに突入ですね!
今回は天候にも恵まれそうな感じで、良き日、良き思い出が作りやすそうですね^^

宮城も今日は風がぬるいの~^^

午後からは洗濯物が飛ばされるほどの風の強さになってしまいましたが
それでも、寒さのあまりない風で、シミジミと春なんだな~と 思ったりしました。

ところで、オーラソーマってご存知ですか?
これって、面白いですよね^^
色を直感で選んで診断してくれるってわけなんですけれど、
その時々の心理状態がわかって、案外あてにもなるし
実に端的に示してるときもあって、参考になります。

お客様から、たまたまこちらのサイトで遊んでいたら

「ちょっと前にオーダーした、『ぱきっ』とカラーのコサージュスカーフと今年のカラーが、同じ色だったからもっと愛着がわいた!!」と、驚きと嬉しいお知らせを頂きました。
1-12.jpg

私も以前に何回かやってみたことがあったのですが
すっかり忘れていたので、診断してみました。

すごいなぁっと 驚嘆です。
なんで分かっちゃうんだろうって 思いました(笑)
いつも、同じ驚きがあるんですよね。

サイトもかなりリニューアルされたようで、ずっと見やすく
おしゃれになっていましたよ^^

ふと 自分を見直す時間、良いかもしれませんね^^

===============================
次回は 『ひき肉の味噌いため、レタス包み』  お届けします^^

週に二回、我が家のマイブーム 美味しいネタ情報です
===============================

□■□■□■□■□お買物情報!□■□■□■□■□

PLEATS PLEASE me !!→ 好きがとまらない の管理人のみよみ様に 
マーガレットのご紹介をしていただきました。
『日焼け防止ショール プリーツマーガレット新登場 』こちらのブログでも書いていただいたとおり、みよみ様には商品化の当初から
色々なアドバイス、参考資料など頂き、デザインを決めるのに大変ご尽力いただきました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

ご監修いただいたことで、大変反響も大きく、早々にご注文を頂いて
製作者といたしましては嬉しい悲鳴を上げています。

シュシュ(髪留めゴム)680円も出来ます!
プリーツ マーガレットスカーフとコサージュセット、シュシュを組み合わせて
早速にオーダーも頂きました。

髪を留めるものと、スカーフやショールが同じ色やコーディネートされた
同素材でお洒落するのって、なんだかワクワクしますね!

私も好き勝手な色じゃなくて、統一したものでお洒落してみたくなりました^^

シュシュでも、ゴム仕立てのソアフルでも、ゴムシャーリングが強いので
伸びなどで痛まないし、髪がゴムに挟まって痛んだりしないので
小川は気に入ってます^^


ターバンを撮影するのがすっかり遅くなってしまいましたが
やっと掲載の運びになりました。

どうして、こんなに時間がかかってしまったのか。。。。

実は、去年に製作したいくつものターバンでしたが、
お店で売れゆきが悪かったことなどあって、HPでも軽く掲載もしたのですが
反響がなく、売れないと思って、ビニール袋にぎゅうぎゅうぅぅっっと詰め込んで
その上縛ったりして、取りあえずしまいこんだのでありました。

で、今年の始めにnaoch様から、まずまだありますか?と問い合わせが。(汗)
その後、数件もお問い合わせくださるお客様がいらして(汗、汗!!!!)
何処にしまったんだ~~~!!! と 焦りつつ捜索をしていましたが
行方が知れぬまま、日ばかりが過ぎてしまって、
この2,3日は、もう流石に延ばせないぞ~~!!!!  と、非常に焦ってました^^;;

大捜索網をしいて、一斉ローラー作戦しかないか!と 覚悟したところに
何気に、桐の箪笥の一番上の観音開きの棚の奥に、人知れずひっそりと
匿われておりました(笑)

どうも、小川はしまうと忘れる癖が、昔から抜けません。

で‥‥。

出てきたターバンを開けて見れば!
ありゃりゃ。。。  何でこんなに在庫あるのよ~~( ̄_ ̄|||) どよ~ん

というわけで、在庫に限り、1680円のところ、980円にて
放出セール
です。
撮影が半分失敗してしまったので、色が出せず
取りあえず色番号だけ書いてあります。
2,3日中に撮影ができたらいいな♪と 考えていますっ^^;;

実は、ショールや2Mスカーフも うじゃうじゃと 実は在庫が。
こちらも撮影次第、セール開始します。
お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番下に、プリーツの取り扱い方法があります。是非ご覧下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さて。『大根と昆布 酢醤油漬け』
大根はいちょう切りにして、5ミリの厚みで刻んでいきますが
大根の前後に割り箸などを置き、最初の5ミリは 下を繋げたまま
次の5ミリで切り離す、つまり1センチの厚みに切った大根に半分の厚みで
切込みが入っているようにします。

(んーーーー、なんだか洋裁の話みたいにしか書けないなぁ^^;;)

適宜、大根を切って、 軽く塩を振って40分くらい馴染ませ、水気を絞ります。
馴染ませる時間が勿体無いときは、酢醤油に塩を投入するって手もあり^^

醤油は煮立てて冷ましたものを使うとつんとした感じがなくなりまろやかに。
酢も煮立てると 酸味が少し飛んで つんつんしなくなります。

醤油と酢を同量くらいで混ぜ、鷹の爪(輪切りのもの)をお好みの量入れて
昆布を四角く切って(松前漬けなどの切ってある昆布でも大丈夫!)

大根とあわせ、漬け込みます。

大根が調味液から出なければ良いので、私はいつもビニール袋にいれて
空気を抜いて口を縛ります。
時々もんでやると均一に漬かりますし、便利です。

野外で遊ぶとき、車の移動で、お茶請けに。

酸味が利いて、昆布の旨みと大根の歯ごたえが 疲れや緊張を和らげ
また元気回復してくれますよ^^

前の晩に作って 冷蔵庫から出してそのまま持っていくのが常でした。

登山も時々していたのですが、幼稚園児や低学年の子供たちに
大根の漬物と、飴玉、マヨネーズの小袋(弁当用)を持たせて、
ポケットには、乾燥したホタテの貝柱もいくつか突っ込んでおくの(笑)

大人のザックにはおにぎりのほかに、バナナとオレンジを入れて 
登っていました^^

気分が変わる食べ物、飲み物。しょっぱいもの。甘いもの、高カロリーのもの。

イチゴのミルクも一本持って行った事があったなぁ!

それなりに 一番効果があるものを 効果の高いところで喰らう!^^

富士山の八合目で食べたオレンジ(皮ごと持って行くのもいかがなものか、といわれたけどぉ(笑))、美味しかったですよぉ^^
廻りの人がビックリする食材をほうばるのは、楽しいものです^^

パーコレーターでコーヒーを淹れるのも すごく好きです^^
山のテッペンで 風が冷たいけど バーナーのシューゥゥゥーーーっと言う音と
芳しいコーヒーの香り。

高度が高くてなかなか沸かないから、帰り道の時間を気にしながら
時計とにらめっこする夫(登山経験者)と ど素人の女子供は 
頂から絶壁を覗き込んだり、じゃんけんしたり わぁわぁ きゃあきゃあ!

登山はより注意が必要ですが、汗をかくシーズンですから
屋外で活動するときは、塩分控えめは注意してくださいね。

脱水も危険ですが、塩分が足りないと頭脳が働きません。
内臓の活動にも悪影響が出ます。

しょっぱいものを適度に摂って、水分も足らなくないように、
熱射病や熱中症にも気を配って、楽しい思い出を作ってください^^


★━━━━━━━プリーツの取り扱い方法を少し━━━━━━━━━★

専用ポーチをつけて 日焼け防止ショール プリーツ マーガレットの販売をしておりますが、お客様から中の色が見えないと、色が違うときにわざわざ覗くのが
面倒くさいというお声を頂戴いたしました。
なので、ポーチの材質はメッシュにします。

プリーツの服を入れるポーチも作って欲しい!というお声もあるので
やはりメッシュで作ります。

一日二日の間に掲載できると思いますので、お楽しみに!

_______________________________
 ☆編集後記☆
_______________________________

登山の話を書いたので、汗をかいて登ったときの紺色のような青空の色を
懐かしく思い出しました。

子供たちが小さかった頃は、あんなに一生懸命登りに行ったのに
今は全然行かないで、かなり残念です。

でも、子供の足のスピードにうんざりしていた私でしたが
もう数年前から 一番鈍足は私です^^;;

もっと足を鍛えることから始めなければなりませんね。

末期がんの終末期の旦那さんが、奥様をお連れして
エベレストにもう一回登るんだ!と 決めて
里山登山、ハイキングなどから鍛えなおして、とうとうエベレストまで行ってしまった。

周りも、医者も強く反対したけれど、彼の意思は固く
登山に慣れない奥様の指導をしながら、日々エベレストに想いを馳せていた。

そして堅い決心の元、とうとう念願を果たし、喜びは最高潮に!

そして 何故か不思議にガンの存在自体、体の中から姿を消していたっていう
本当の奇跡のお話がありますね。

自己治癒力の最たるもので、一番したいことに集中する
エネルギーの強さなのだろうなとも感じますが、山の発する気が治癒力を
高めたともいえるかもしれませんね。

山は怖い場所です。エネルギーの満ちた、神秘の場所。
野生の力が満ち溢れる場所です。

観光地の楽しいさと、また一線を画する厳しい側面と美しい大地。

憧れてやまない山ですが、車で登ってしまうと無味乾燥とした
価値がない場所でしかなくなるの。のっぺりして面白くもおかしくもないんだなぁ。

ヘリコプターで登山しても そうなのかなぁ。

汗みどろになって、風の冷たさに震えて、山の空気に少し怯えて
やっとやっとでたどり着いたときの空の青さ。
あの青さは、何処にもない青さなんですよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pleats.blog49.fc2.com/tb.php/29-d6b897fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業