スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マテガイも美味しい!』 

桜が満開をこして、段々葉桜になってきた宮城です。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

暖かい日差しに、庭のタラの芽と、こごみを 今年初めて 収穫しました。

割り箸みたいだった タラの木の苗木が、余りにもか細くて
知らず蹴っ飛ばしたり、悪くすると雑草と一緒に刈ってしまったり(笑)

それで タラの木は囲いを設けて、踏まれないように注意の看板まで作ってた
時期があったのに、今では3メーターほどに成長しています。

一番高い枝に、夫が精一杯手を伸ばして、やっとやっとで芽を収穫したのでした(笑)
なんで、きっちり切り落とすかというと、これ以上伸びたら困る~~^^;;;

というわけで、タラの木は 説明書にあったごとく、
非常に成長が早く、どんどん大きくなりますです。

一度、春に切らなかったばっかりに、今ではガンガン伸びて
大変でございます。
何で大変かというと、先っぽにしか葉が茂らないのです~~。

さてさて。段々日差しが強くなってまいりますね。
日焼け防止、または冷房対策が実感となってくる季節ですね。

色々、検索などで調べてみると、
暑い季節の日焼け防止と諦めていても、背中があると暑さに耐えられない!とか
日焼け防止だけではなく、冷房対策も一緒にしたい!など
色々なご意見や感想など見えてきます。

動きやすいこと、暑くないこと、小さく収納できること、体に張り付くと暑いので
適度に体から離れること、等々。

プリーツ マーガレットは、全てを満たすだけではなく
ショールとして、スカーフとしても羽織ることが出来て、季節を問わない
おしゃれが出来るなど、高機能を持たせています。

フワフワしたプリーツが、体に添わず適度に離れることも見逃せませんね。

さらに、120色全色からのオーダー可能。

どうぞ、この夏の日差し対策、冷房対策に、お手元に一枚、
また価格も出来る限り下げておりますので、お好きなお色で数枚お取り寄せください
ませ。

今月一杯のセール期間として、日焼け防止ショール、「プリーツ マーガレット」
発表をさせていただきましたが、早々にご注文頂き、また布見本請求も
多数寄せられていて、幸先の良さにビックリしています。


あ、今日のお題は、『マテガイも美味しい!』ですね^^;;
GWも目の前ですね。

皆様はどんな連休をお過ごしになるのでしょうか。

日焼け防止とは言うものの、日に当らないと人は鬱になりやすくなります。
気候が良くなった時期ですから、タップリ休養を体にも心にあげたいですね^^

================================
次回は 『大根と昆布、酢醤油漬け』  お届けします^^

週に二回、我が家のマイブーム 美味しいネタ情報です
================================

□■□■□■□■□お買物情報!□■□■□■□■□


お客様から、こんなご意見を頂きました。

専用ポーチと言えば!
プリプリファンで、それはそれはたくさん持っていて、箪笥にしまってあるんだけど
やっぱり膨らんでしまうし、量が量だから収まりきれない。
ビニールに入れちゃったりするけど、女心としてはたまらない。
きゅっと入り口を押さえられて、絶対欲しいのは透き通ってて中が直ぐ分かること!

ほうほうほう。。。
なるほど、なるほど。

ありますよぉ。ご要望に実にあった素材が。

というわけで、プリーツ用ポーチ、大々的に発表!(って程の話かなぁ^^;;)


また、シュシュってソアフルの120色で出来ないの?というお話も、
他のお客様から頂きました。

出来ます~~~。
実は私がずっと愛用しています^^;;;

だって~、便利で軽いし、
そこらのゴムみたいに少し使ったら伸びてしまって痛むことがないし、
髪の毛が絡みつかないから、細くて猫ッ毛の私には必需品みたいに大事なアイテム
で‥。

色数が多いから楽しいし、そこらにあるので適当にアームバンドにしたり
機能重視のゴムにしたり、シュシュにしてみたり、勝手に楽しんでましたー^^;;


ターバンも撮影しますです。

私は ガスールの愛用者で、洗顔も敏感に反応してしまうので
泡の出る石鹸類は使えないんですね。

髪の毛も猫ッ毛なので、ガスールのお世話になっています。
ヘナも使いたいけど、二時間も三時間もやってられない!って言うわけで
ガスールをもっぱら使ってますが、ラップをすると効果が大きく、
さらさら感が高まります。

でも、ラップを押さえる物が欲しいよねってわけで、ずっと愛用しているのが
ソアフルのプリーツターバン‥。
シワが髪を適度に押さえてくれるので、ずるずる上がってしまわず
ラップをしてもガスールの泥がターバンについてしまうのですが
ざぶざぶ洗えばそれでOK!
泥でさえ、ざっと流して綺麗になっちゃう。濡れたまま放置もしちゃうけど
速乾性が高いので、自然に乾いてしまうみたい。

なんで ちゃんと言わないのーヽ( )`ε´( )ノ  って言われそうかな‥。

前に掲載もしてたけど、反響なかったの~^^;;
それですっかり止めていたのでございました。

撮影が悪いのかなぁとか、考えたりしながらですが
自信喪失した素材って、なかなか怖さが抜けないですね^^;;

というわけで、こちらもあわせて 発表します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番下に、プリーツの取り扱い方法があります。是非ご覧下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さて。マテガイですね。

マテガイは内湾になっているところの、ドロの中に生息します。
そそそ、アサリの潮干狩りに行くところで、マテガイの採取が出来るってわけです^


東京湾三番瀬(さんばんぜ)は、水質も良くなって、注目の的みたいですね。
マテガイもこの頃は注目されるようになって、TVでも紹介されたとか。

今も大量ゲットなるのか、少し気になるところです(笑)

前回は採取の画像を出せたのですが、東京湾へ遊びにいけたのは
もう何年も前なので、写真がありません。
ごめんなさい。

でも、ブログなどで 色々あったので、私の画像よりも良いかもしれないです^^;


マテガイについて、図鑑でどうぞ。
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/heterodonta/mategai/mategai.html
こちらは、動画で拝見させていただけます。
うねうね動くマテガイの動きがなんともカワイーー!
抜き差ししてる手の動きが、狙い済まして ドキドキします(笑)
http://www.ne.jp/asahi/yamyam/yammy/mategai.html

これを子供と遊びながらやると、めっちゃめちゃ 楽しいんですよ~^^

こちらは もう少し詳しく載ってます。
http://www.ztv.ne.jp/takuji/j-mate.htm

マテガイは、砂を含まないので、その場で料理できるのもアサリより
良いかもしれない!と、教えてくださった人は力説していました。

会社の方々と、お友達と、潮が引ける二時間くらい前に海に集合。
満ち潮の時よりも、引き潮担ったばかりのときの方が
マテガイの反応が良いからです。

今引いていった潮がもう満ちてきたのか?と ビックリするのかもしれませんね。

持って良く材料は、精製塩(一番安いのを 各自一袋) 出来たらスコップ(笑)
シャベル、または手でも可能。

条件さえ整えば、冷凍する場所もないんだけど?というくらい
目一杯収穫できたマテガイです。
肉量が割りに多いので、カサガイよりも収穫出来る量は多いですね。
一緒に行った方々と、収穫パーティーなんて 気取ったコトだって出来ちゃいます。

そばつゆにマテガイで出しとりするのも最高!
スパゲッティーにするも良し、炭火焼で醤油をタラリ、ジューーーーってのが一番旨い。
バターで炒めると美味しいです。

私としては、全部全部~~^^
マテガイは何をしても旨い!
いくらでも食べれる貝であります。
大量ゲットしたときは、小躍りしたほどお気に入りでございました。
癖があると書いてあるのもあるけど、私の好みなのかな、癖は感じなかったなぁ^^

どうも宮城でマテガイを採取できるところが見つからず
そのままになってしまっているマテガイの味、収穫のときの醍醐味。

またのんびり味わいたいものです。

★━━━━━━━プリーツの取り扱い方法を少し━━━━━━━━━━★ 


プリーツにする素材って、なんだか速乾力のある可愛い奴が
どうもプリーツに適した素材に感じます。

なんていうか、乾きにくいのはどうも上手くプリーツがかからない^^;;

ぼてぼて 分厚いのはダメって感じです(笑)

なので、お客様からの持込の生地でプリーツ加工にすることは
一切お断りしています。

プリーツ加工は、一種 生地に火傷をさせる行為なので
どこまで 生地の癖を見抜くかが、プリーツ加工の成功のポイントになっていきます。
ただ、マシンは大変大きく、またその時々で温度変化も違うし
生地の色によっても変わってきます。

縫いでプリーツをカバーするか、プリーツの技術が縫いをカバーしてくれるか。

そこら辺は、歩み寄りになっていくのが普通ですが、
困るのは 一枚一枚生地が違う私のような仕事を持ち込む人間ですね^^;;

プリーツ加工の困難さを、さらに増長させ、担当の方を困らせています。

新作や新型に挑むときは、型紙を作る数日前から、ずっと悩み
加工に出すときは平伏したいほど祈りを込めて
加工から上がってきた荷物を解くときは、非常に緊張します。

でも、心配するほどのことは通常起きません。
工場の方が、細心の注意をしてかけてくださるので、大丈夫。

修正は必要なときがあるし、そこは縫いの技術でカバーします。

プリーツの種類を間違えてしまったときなどは
時に、アイロンで平らに戻して、もう一度加工に出すときも有ります。

何にせよ、丁寧な仕事に敵うものはなしって感じで、一つ一つ積み上げるもの、
それが縫製業だと思っているので、とことん丁寧に仕事しています。



_______________________________
 ☆編集後記☆
_______________________________

先週、東京と横浜へ仕事がらみで出かけて、満開の桜の宮城から
葉が出始めた矢板を抜けて、もう暑くなっている東京に入りました(笑)

半袖にしたい~~など、思わず口から出てしまうし、
東京の賑やかさも久しぶりで、ついついおのぼりさんみたいに、
きょろきょろしちゃったりして(笑)

しかも、ナンバーは宮城って書いてあって、しっかりおのぼりを証明してくれるし(笑)

なんだかんだで、やれやれな二日間でしたが、やらなきゃならない仕事も多くて
駆けずり回ってこなしてきました。

春の所為でしょうかねぇ。どうも眠くていけません。

しばらく早寝をしていて、すっかりHPの更新が止まってしまいました。

また 気合入れて頑張ります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pleats.blog49.fc2.com/tb.php/28-4bcff482

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業