スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『春の息吹!ふきのとう』 

春の気配が濃厚になってきましたねぇ^^

何といっても、ふきのとうなど これからは山菜が楽しい季節です!

こちらでは「ばっけ」と呼ばれる ふきのとう。

でも、一口食べると 思わず「ぷはぁ~~」としてしまうほど
えぐみも強いですね。

切り口が黒くなるものほどポリフェノール郡が多く含まれ、
花粉症にも効果があり、肝機能を良くし
春のだるさや疲労も解消! 良いこと尽くめのふきのとうで

強く精があるからこその「えぐみ」ですが
食べにくかったら美味しくない!

食べず嫌いをなくさせるコツは、美味しいおダシで調理すること、
好きなお惣菜と同じ味付けにして、素材を苦手なものに変えていく、
全部変えるのがしんどいときは、少量含ませるなど 
深慮遠謀のハカリゴトで攻略します(笑)

わが夫様は、実に実にワガママちゃんで、
豆腐は味噌汁の豆腐だけ。大根は漬物だけ、火が通った大根は食わない
などなど、言い出したら数え切れない。
「覚えきれないじゃんかーーーーーーーー!」と プッツンしました^^;;

なので、大人しく従ったのは最初の一年半くらい(笑)
大体従うのは嫌いなほうですから、従わない方法を考える(笑)

好きな味付けを覚えて、味がコントロールできるようになったら
結局、知らぬ存ぜぬ。
あんたの勝手でしょとばかり、好きに献立を考えることにしたのでしたw

ただし、好きじゃないものを料理に組み入れるときは
ここぞという旦那好みの味付けに必ずすること、
頻度多く繰り返さないなど、心配りはしましたけど^^

お蔭様で、今では「暑いから冷奴にしよーーか?」とか
「大根の煮物、味が滲みてておいしーーねぇw」など
夫をして食わず嫌いは ほぼなくなってきた模様です。

アレルギーを起こした記憶のあるサバも、過日は鮮度が良いから!と
食べたら、旨い! と^^
味噌煮は危険なので、竜田揚げか何かにしましたけど^^

子どもが野菜嫌いと言われて久しいですが、
うちの子達は、野菜大好き!

何でもかじりたがる、歯の生え初めのころに
どうせ舐めてるなら、玩具じゃ勿体無い!とばかりに
ニンジンや大根などの野菜スティックを持たせていたので、
ほぼ抵抗がなかったようです。

私の妹に、今 3歳の長男と 一歳の長女が居るのですが
なんだかで私が言ったのだそうで、野菜スティックを実践しているそうです。

甥っ子が、「お菓子もっと~~!」と 我侭言うので
「ダメっ」と 与えないで隠してしまった。

甥っ子いわく、「じゃ、これで、いーーーーーよおっ!ヽ( )`ε´( )ノ」と
手にしたのは、お勝手から引っ張り出した、丸ごとのニンジン(笑)

皮付きのまま、ガリガリと兎のようにかじりついて、
「見てー! ほら こんなに食べたよー!!!(^ ∇^* )」と 
すごく得意がったとかw

ヤツはそれなりの大きさがあったニンジンを、半分も食べたのだそうです(笑)

お菓子の味を覚える前に、野菜の味に慣れさせちゃうって
すごく簡単な深慮遠謀でしょう?

絶対お勧めですよ~^^

=====================================
次回は 『ポテトサラダと塩ふき子芋』  お届けします^^

週に二回、我が家のマイブーム 美味しいネタ情報です
=====================================

□■□■□■□■□お買物情報!□■□■□■□■□

シフォンジョーゼットなどの透け感のある素材って
どんなものをいうのか?という ご質問があったので
ちょっと調べてみました。

こちらは 楽天 生地屋さんのHPからの抜粋です。

『 経(タテ)と緯(ヨコ)の糸に強撚糸(撚糸回数2,000T/m以上)を使用して
粗く織った生地を 高熱をかけて練った織物で、
透けていてシャリ感があり春夏用の織物です。

 高級なジョーゼットは非常に柔らかく(絹と間違う程) 
表面に微妙なシボが発現しています。これがジョーゼットの生命です。
シボの大きなものがチリメンと呼ばれる生地ですが、
それに対して高級なジョーゼット生地は細かいシボが一様に立っています。

このシボがジョーゼットのふくらみ感やドレープ感 ドライ感 
手触りの良さの元になっています。

 よく「シボなんかいらない、値段が安い方が良い」
なんて言われると悲しくなります。

例えば撚糸回数を落とす、正規のシボ立て工程をしないなど
製造工程で手を抜けばシボのないジョーゼットが安く出来上がります。

確かに洋服はデザインや柄 縫製の良し悪しの占める割合が高いかも知れませんが、
素材である生地が安っぽければ決して良い洋服にはならないと思います。 

事実日本を代表される超有名デザイナーのK女史は
頑固にシボ高のシフォン・ジョーゼットを使い続けておられます。』

少し専門的で 分かりにくいかもしれませんが、専門家らしい語り口で
私はとっても 感じるところがありました。

生地の良さは、織糸から手がかかっているかどうか。
手間暇惜しまず織られた生地は、必ず裏切らない素材になると感じています。

プリーツ加工は、ある意味生地に高温で火傷をさせる作業です。

生まれ育ちの良い生地ほど、不良も起きず素直に従ってくれます。

プリーツに使われる素材は、裏地が殆ど。
ソアフルも色数の多さは裏地ならではの色数です。

私が持つ定番素材の入りやすい場所に位置するソアフルはシルクタッチに開発され
裏地とは言うものの、ランクは表地の直ぐ下程度。

裏地といっても、そのランクも色々です。

でも、やはり。素材のより良いものを仕立てるときの感動は
表地の上質な素材の中にしか存在しません。
そのどうにも言われようのない私の想いが、
上記の文章に集約されているように感じます。

検索している途中で見つけたこの文章ですが、
私には忘れられない文になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番下に、プリーツの取り扱い方法があります。是非ご覧下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


さてさて。ばっけこと、ふきのとう。

えぐみが強くてかなわんなぁ・・という人、手を上げてー!といったら
多分半数近い人が、挙手するのではないでしょうか。

冬の寒さを乗り越えて、一番に芽を出す、そこには上記のように
大きな力が隠されている!

喰らいたいものですね(笑)

ただ妙薬は口に苦しでは、食べるのが億劫ですね。

それほどえぐみを強くしないで、先ずはお口を慣らしちゃえ!ってやつですね^^

ふきのとうは、味噌和えなどにしたり、てんぷらにしたりいたします。
味噌汁ってのも美味しいですよ^^
ただ、味噌汁はスキもののレベルなので、やはり単独でこそっと
味見する程度のものが宜しいですね。

なので、今回は味噌和えと てんぷらの下処理について
書いてみます。

ふきのとうを 丸ごとてんぷらにするのは、
えぐみが強く、揚げている最中でうんざりしちゃうかもしれません(笑)

なので、先ずは軽く茹でてしまいましょう。
沸騰した湯に塩を入れ、茶色いところなど綺麗にしたふきのとうを 
丸ごとさっと湯がきます。ごく簡単に湯に放つ程度が良いと思います。

数秒程度でザルに空け、水をかけて冷まし、ざくざくと切ります。
千切りでも良いし、も少し大きくても良いし。

とにかく切ってしまったら、水気を絞ります。
絞り加減が、えぐみの強さに比較します。

えぐいの嫌い~~~!という人は、丁寧に絞ります。
軽くえぐいのが美味しいのよ♪程度楽しめる方なら、絞り過ぎないように。

茶色い水が出るのですが、コレがえぐさ、アクですね。

ざくざく切ったふきのとうと、ごぼうなど臭みを消すような
素材とあわせてかき揚げにするなんて、いかがでしょうか。

食べやすくごぼうも刻んで、軽くゆでておきます。
水分をさっと拭き取り、ふきのとうと合わせ、小麦粉を振り
それから衣の中へ。

タップリの油を熱して、箸でかき揚げの材料を投入、
別の箸で 投入後の材料を揺らします。
揺らすことで かき揚げが適度に離れ、かりっと 美味しく上がります。


また、味噌和えは、味噌と酒、砂糖など 適宜加え
混ぜ合わせます。
そのまま食べても 火を軽く通して絞ってあるから大丈夫。
私はあまり火を通しすぎるのは好きではないので
味噌など調味料は混ぜるだけですが、

鍋に入れて煮切るという方法も。

砂糖がえぐみを少なくする役目引き受けてくれますから、
初心者向き^^

お茶漬けにも良いですし、
熱々の炊き立てご飯にばっけ味噌、最高です。

我が家では、味噌和えにして瓶詰めにして 冷凍庫で保存します。
夏の疲れが出る頃など、春の味覚でまた食欲もでます。
何より元気が出る。

山菜屋.comさんでは、ふきのとうの天然物を販売されているようです。
こちらに、効能や調理方法も出ていますので、ご参考にされてください。

★━━━━━━━プリーツの取り扱い方法を少し━━━━━━━━━━★

プリーツをハンガーにかけて収納していたら
肩の辺りとか プリーツが取れかけてしまったなど お聞きします。

プリーツは寝かせてしまって、余計な負担をかけないで上げてくださいませ。

洗濯して干すときも、ハンガーに着せてしまわず
ハンガーの横棒にでも 軽く引っ掛けて、気軽に乾かしてくださいね^^


_______________________________
 ☆編集後記☆
_______________________________  

そろそろ 卒業式も終わったところもあり、近づきつつあるお客様もいらして
まだ子どもの服が揃っていない!という
仕事に追われて思うに任せない方もいらっしゃるみたいです。

卒業式で写真撮影があることころもあれば、
ない所も在り、謝恩会が未だにあるところもあったり
地域によって様々な形態を持っているようですね。

すべての卒業生の大きな夢と旅立ちに、拍手を。
また、これからの生活に少し心配しながら意気揚々と一歩踏み出す
入学生に、大きな期待をしたいです^^

かくいう私は、この頃就職試験を受ける夢や入試を受ける夢を見て、
何の準備もしていない自分に焦ったりしています(笑)

目が覚めて思うのは、ああ、もう二度と学校行かないで済むし
就職することもないのね~^^と 心からほっとしますw

学校 きらいだもぉ~~ん^^

頑張れば何にでも成れるけど、何者にもなっていないってのが
イヤで嫌で仕方なかったなぁ(笑)

末席でいいから、何かになるために動き始めたくて
イライラしてました(笑)

いまは。
そう、まだ成りたい形になっていないので
一生懸命成れるようにまい進します!


もし 気に入ってくださったらぽちっと 応援クリックお願いします^^
FC2ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

コメントとトラックバック 有り難うございました!

三浦様

ご丁寧なコメントとトラックバックまでいただきまして、誠にありがとうございます。

ジョーゼットのことについて、専門的な知識をとても分かりやすく書かれていて、勉強になりました。

最初拝見したときは、ゾクゾクする気がしました^^
物作りしていると、そういう部分ってとても影響を感じますね^^

どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

つたないコメントを掲載して頂いて恐縮です。

 初めまして! 私のつたない文章を掲載頂きまして 大変恐縮です。

 イッセイさんのお仕事もなさっておられたとか。すごい事ですね!

 もし 宜しければまた当店にご来店下さいませ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pleats.blog49.fc2.com/tb.php/17-0d4647da

うれしいコメントを 見つけました。

 私のジョーゼットの説明が 載っているブログです。この方は なんでも イッセイさんのプリーツの仕事を なさっておられたそうです。 私の つたない文章が 下記ブログの中ほどに載っています。こう書いてもらえると 大変うれしいです。http://pleats.blog49.fc2.c..
  • [2006/04/30 09:54]
  • URL |
  • 生地屋の日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業